--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト:
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2007年04月17日(火) 記事No.71
 カウンター(アクセスカウンター)は言うまでもなく、ウェブサイトへの来訪者の累計を表示するブログパーツです。

 ほとんどのブログで見られるカウンターですが、中にはカウンターを付けていないブログもありますよね。
 また来訪者の多い有名なサイトでは、カウンターはほとんど見られません。

 実際、カウンターはそれ自身がアクセスアップに役立つわけではないので、必ず設置しなければならないものではありません。
 そして、カウンターが無くとも、アクセス解析サービスを利用すれば、サイトの来訪者を把握することは可能です。
 しかしアクセス解析の結果はブログ管理者しか見ることはできませんから、
 カウンターの方はそのウェブサイトのアクセス状況を、来訪者に視覚的に示すためのもの、と言えそうです。

 カウンターを設置する主なメリットは、モチベーションを維持する原動力となることです。

 カウンターが徐々に増えていくのは嬉しいものですよね。
 また、「今月までに1000hitを達成するぞ!」といった目標も立てやすくなります。

 変則的な(しかし有名な)使い方ですが、カウンターが特殊な数値を示したとき(いわゆるキリ番、ゾロ番という奴です)をイベントとして、
 来訪者とのコミュニケーションをはかったり、記事のネタにすることができます。

「1000hit達成しました、ありがとうございます」といった記事はそこらじゅうにありますよね。
 まあ、これで1回分ネタが増えるということで…(笑) 
 節目を設けて、自省する機会にもなると思います。

 設置するデメリットですが、余りにカウンターの数値が低いと、リピーターを獲得しにくいということがあります。
 寂しいことですが、来訪者は、カウンターの数値でブログの良し悪しを判断してしまう傾向にあるということですね。

 カウンターの数値は幾らでもごまかせますので、F.B自身はそういう判断基準はナンセンスだと思うのですが、ともあれそういう傾向にあるということです。
 だから、最初はカウンターを設置しない方が良いのかもしれません。

 「途中からカウンターをつけたのでは、正確な来訪者数が分からないのでは?」
 
 ごもっとも。
 もし、来訪者にカウンターを隠しつつ、来訪者数を測定したいのであれば、そういう機能があるカウンターを選択するべきでしょう。

 では、次回はカウンターのアクセスの単位について解説します。

ブログTOP
スポンサーサイト

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: カウンター, 無料, アクセスカウンター,
ブログの基本とカスタマイズ |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。