--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト:
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2007年03月30日(金) 記事No.52
 まず、リンクポリシーに関して余りにも有名な琵琶湖博物館のポリシーを紹介します。

 リンクは他のウェブサイトから引用をされることであり、とても名誉なことです。
 また、リンクを受けている数は検索エンジンにおいても評価の対象となり、アクセスアップにもつながります。
 
 貴方が自分のブログのアクセスアップを目指すのならば、リンクポリシーに関して選択肢はありません。
 必ず以下のように書いてください。

 「当ブログはリンクフリーです。リンク先はTOPでも個別記事でも構いませんし、リンクに関する連絡も必要ありません。」

 こうしたリンクを事前承認制や事後報告制にしたり、リンクの仕方に注文をつけているウェブサイトもまれにありますが、はっきりいって意味がない行為です。
 これはソーシャルブックマークに関する制限についても同様です。
 インターネットは不特定多数の人に閲覧、参照されるための場所であり、それに支障があるのならばパスワード制限等で閲覧を制限するか、あるいはそもそも公開するべきではありません。

 ただし、相互リンク、特にブログTOP同士の相互リンクとなると、かなり事情が異なってきます。
 貴方が先を見据えるのならば「誰でも相互リンク大募集中!」といったポリシーは掲げるべきではありません。
 
 「相互リンクも募集していますが、場合によりお断りさせていただく場合もありますので悪しからずご了承ください」

 といったものにしておくべきでしょう。
 その理由については、後ほど「検索エンジン対策」のカテゴリーで述べることにします。

ブログTOP
スポンサーサイト

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: ブログポリシー, リンク, 相互リンク, 検索エンジン対策,
ポリシーとマナー |  コメント(0) |  記事を編集 | 

コメントの投稿

非公開コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。