• アフィリエイト カテゴリーの一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト:
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2007年03月03日(土) 記事No.28
 最初にはっきりといいます。
「ブログでアフィリエイトをしても儲かりません!」
 この言葉にはいろいろな意味が込められています。
 「簡単には儲けることができない」
 という意味でもありますし、
 「ブログで儲けることができる人なら、他の事をやればもっと儲けることが出来る」
 という事でもあります。要するに、
ブログはお金儲けの手段としては不適切
ということなんです。 

 多くの視聴率を集める人気テレビ番組があるとします。
 その番組でのCMは絶大な効果がありますし、多くの広告料が支払われますよね。
 でも、視聴者の方が興味があるのはあくまで「番組」であって「CM」ではありません。

 ブログでも同じこと。
 読者の興味があるのは「記事」であって「アフィリエイト広告」ではありません。
 ネットで買い物をするつもりなら、わざわざその広告が掲載されているブログを探すよりも、最初から通販サイトを探すことでしょう。

 中には怪しげなツールを使って集客を試みようとする人もいるかもしれません。
 それはアクセスには結びつくかもしれませんが、収益には至りません。

 テレビのチャンネルを変えていて、たまたまある番組に当たったとしても、せいぜい2~3分、気の短い人だと10秒ぐらい見て面白くなければチャンネルを変えられてしまうのがオチです。
 CMの時間まで待ってくれる人はいません。チャンネルを変えたときにCMだったらなおさらです。

 ブログも同じこと。
 記事を一目見てつまらなければ、もう見てもらえませし、わざわざ貼り付けられている広告バナーに目を通す前に、他のサイトに自分の欲しい情報を探しに行くでしょう。

 言い方をかえれば、記事が面白ければアフィリエイトで儲かる可能性があるということです。

 例えば、資格試験合格のための攻略ブログがあり、役に立つ情報がいっぱいで、そこそこアクセスを集めているとします。
 毎日そのブログをチェックしている常連客がいて、いよいよ本気で試験を受けてみようと思い、良い参考書がないか探していたら、毎日チェックしているそのブログにAmazonのバナー広告が貼られていた。
 アフィリエイトで収益が出るというのは、そういう状態です。
 そして、もともとそれだけ集客できるウェブサイトを作ることができる人は、恐らく他の事をやっても(むしろ他の事をやった方が)儲かるでしょう。

 もしこの記事が信用できない、というのならば、論より証拠、
「絶対に失敗しないアフィリエイト術、特別価格で何と今なら2万5000円!」
 といったものを購入して試されてみると良いでしょう。
 払ったお金は裁判でもしない限り二度と戻ってきませんが、そのお金を失った以上の社会勉強は出来ると思います。

ブログTOP
スポンサーサイト

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: アフィリエイトは儲からない, アフィリエイト, ブログで儲ける, アフィリエイト術,
アフィリエイト |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2007年03月04日(日) 記事No.29
 ブログでアフィリエイトをやる方のほとんどは失敗します。
 なぜ失敗するかというと、目的がブログではなく、アフィリエイト(=お金儲け)だからです。決して「皆に記事を読んでもらいたい!」と思っているわけではありません。
 だから記事は体裁だけ整うぐらいの最低限にして、代わりに広告バナーをペタペタ貼っているはずです。
 確かに毎日更新しているかもしれませんが、金銭抜きで読んでもらうための、本気の記事を書いているわけではありません。

 しかし、記事No.028でも書いたとおり、来客は記事(=情報)を見に来るのであって、広告を見に来るわけではありません。
 たとえ検索エンジン対策を充実させて、検索エンジン上位に貴方のブログが掲載されるようになったとしても、中身が薄っぺらい記事と広告バナーだけのブログでは、来訪者はがっかりしてしまうでしょう。
 広告をクリックするどころか、二度とのぞいてもらえるかどうかも怪しいものです。

 こんな状態だから儲かりません。
 もともと儲けることが目的ですから、成果がないとブログに手を入れたり、記事を更新するモチベーションも下がってしまいます。
 記事が更新されないから来客は減り、ますます儲からない。
 こういう悪循環に陥ります。

 じゃあどうすれば良いのか?
 答えは簡単、アフィリエイトをやめて、お金儲けのことは忘れてしまえばいいのです。
 
 アフィリエイトをやめてもブログは残ります。
 ここで気持ちを切り替えて、目的をブログで儲けることから、ブログで面白い記事を書いてアクセスを伸ばすことに軌道修正することができれば大丈夫。

 金銭への執着を捨てて、面白い記事を書くことを心がけ、長くブログを続ければ、必ずアクセスは伸びてきます。
 その時にもう一回、アフィリエイトを考えてみても遅くはないですよね?

ブログTOP

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: アフィリエイト, お金儲け, 検索エンジン対策,
アフィリエイト |  コメント(1) |  記事を編集 | 

2007年03月05日(月) 記事No.30
 アフィリエイトブログはどのようなイメージを持たれているでしょうか?
 いろいろな考えの方がいるとは思いますが、平均するとプラスではないと思います。

 もちろんアフィリエイト自体が悪い行為では決してありません。

 しかし一部の心無いアフィリエイターによる各種の迷惑行為(スパム)が、全体のイメージを下げていることは事実です。
 貴方のブログを訪れたときに、広告バナーが大きく貼ってあったら、「こいつもか!」と思うお客さんも中にはいるということです。

 またアフィリエイトは一般にユーザービリティも低下させます。
 「ユーザービリティ」のカテゴリーでも述べますが、嫌われるウェブサイトの第1は画面の読み込み時間が長いサイト(いわゆる「重い」という奴です)、第2はテーマが何か分からないサイトです。

 画像入りの広告バナーは、いうまでもな画面を重くする一因です。
 また、広告が隅に配置されていると目に付かないから、といって、広告を見やすい場所に持ってきて、読者が本当に読みたい記事の方はスクロールさせないと見えない、なんてブログもあります。
 広告とブログの記事の内容が完全にずれていて、「これは一体何をテーマにしたブログ?」と思ってしまうものもあります。

 インターネットを閲覧や検索する人のほとんどの目的は情報探しです。
 しかもインターネットという手段を用いるということは、急いでいる、短期間で調べたい、と思っている場合がほとんどです。
 それなのに、中を見たら興味の無い広告で埋め尽くされていて、肝心の記事は少ししかなく、もちろん読者の欲しい情報は掲載されていない…
 これでは読者は怒ってしまうでしょう。それが検索エンジン上位に掲載されていたらなおさらです。
 
 そして何より、記事No.029で述べたとおり、アフィリエイト目的でブログをはじめる方のほとんどは、挫折してブログもアフィリエイトもやめてしまうという事実があります。
 つまり、アフィリエイトブログはそれ以後も情報価値が高まらない、継続して購読するだけ無駄、ということを、目の肥えた読者は本能的に推察するのです。
 
 読者は貴方のブログに貼り付けてある広告バナーを、そういう目で見ているということを忘れてはなりません。

 出来立てのブログを公開するときはワクワクしますよね?
 でもそのブログに広告バナーが貼り付けてあったら、読者は「ああ、このブログはダメだ」と思ってしまいます。たとえ真面目に記事を積み重ねたとしても、アクセスを伸ばすのは困難でしょう。
 もし広告バナーが無かったら、読者は「お、新しいブログだ。どんな内容になるのかな?」と思って目をかけてくれるかもしれません。

 軽い気持ちで貼り付けた広告バナーが、取り返しのつかない損失をもたらしているのです。
 貴方はこれでもアフィリエイトやりますか?

ブログTOP

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: アフィリエイト, ブログ, スパム, ユーザービリティ, 検索エンジン,
アフィリエイト |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2007年03月06日(火) 記事No.31
 果たして、ブログでアフィリエイトを行うのはやめた方がいいのでしょうか?

 結論としては、記事の情報価値が高まり、アクセスがある程度増えるまで、アフィリエイトを行うのは控えた方が良いと思います。
 目安としてはグーグルのページランクで2~3ぐらいでしょうか。
 4までいけば、全く問題ないと思います。
 (ページランクについては「検索エンジン対策」のカテゴリーを参照してください)

 もちろん、「そんなに待っていられない!今すぐお金を稼ぎたい!」という方もいるでしょうね。

 1つの解決策としては、ある程度アクセスが増えてくるまで「記事掲載報酬型アフィリエイト」を中心に行うという方法があります。
 (「ブログ記事型アフィリエイト」とも呼ばれます。)
 記事掲載型アフィリエイトというのは、依頼された内容を自分のブログで広告記事にすることで報酬がもらえるアフィリエイトで、アクセス数が少なくとも確実に報酬がもらえるというメリットがあります。
 報酬の額は1記事数十円から数千円まで様々ですが、コツコツとやれば月数万円稼ぐのもそんなに難しいことではないでしょう。
 しかも、記事を書くことがお金儲けというモチベーションに直結していますので、長く続きます。
 長く続けて記事を多く積み重ねれば、単純にアクセスアップにつながりますので、一石二鳥ですね。
 ただし、余りブログテーマとかけ離れた広告記事ばかり書いていると変だと思われてしまいますので要注意です。

 記事掲載報酬型アフィリエイトサービスは、以下のようなプロバイダが提供しています。

 実はもう1つ、
 少ないリスクで、すぐにでもアフィリエイトを行う方法があります。

 その方法は…、鋭い方ならもうお気づきですよね?
 分からない方は、このカテゴリーをもう一度最初から良く読んでみてください。
 ヒントはちゃあんと書いてありますから(^ω^)

ブログTOP

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: アフィリエイト, 記事掲載報酬型, ブログ記事型, グーグル, ページランク, 情報価値,
アフィリエイト |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。