• 記事とテーマ カテゴリーの一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト:
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2007年02月26日(月) 記事No.23
 本題に入る前に、記事を書くための小道具を紹介したいと思います。

 皆さん、ブログの記事を書くときはどうしていますか?
 ウェブブラウザの上で直接書く、というのはやめた方が良いです。
 通信の不具合などで、せっかく時間をかけて書いた記事が全部消えてしまう、なんてことになりかねません。

 まず記事は、テキストファイルなどで下書きをし、その後、ウェブブラウザにコピーペーストするようにしましょう。
 リンクや文字装飾のタグを記載するのが面倒くさいかもしれませんが、それは別にタグ一覧のテキストファイルを作っておくと便利です。

 私はまず記事番号とタイトルをテキストファイルの名前にし、そこに記事の内容を(タグを含めて)書くようにしています。
 例えばこの記事ですと「023_記事を書く前に.txt」です。
 そのテキストファイルを削除せずに残しておけば、記事のバックアップにもなりますし、後で追記や修正を行うときも楽です。
 フォルダごと検索をかけることもできますので、中々便利ですよ。

 さて、テキストファイルで編集を行うにも、Windows標準のノートパッドは使い勝手がよくありません。
 そこで、専用のテキストエディタをインストールしちゃいましょう。

 代表的な無料テキストエディタとして、以下の4つを紹介します。

Terapad
    F.Bも愛用しているテキストエディタの最高峰です。
    とにかく軽くて扱いやすくて多機能。初心者からベテランまで幅広く使えます。まずはこれを使ってみることをお奨めします。

HTML Project2
    市販ソフトなみの高機能を誇るhtmlエディタです。タグを多用する方や、プラグイン、テンプレを改造しようという方に最適です。

eMemoPad
    テキストを階層別に管理できるエディタです。ブログ記事を全部これで管理し、カテゴリー別に階層を分けるとか、いろいろ幅が広がりそうです。

DF
    メインで使うテキストエディタではありませんが、テキストやhtmlなどのファイルの差分を確認することができます。記事の修正箇所がすぐ分かりますし、プラグインやテンプレの改造の際にも便利です。


ブログTOP
スポンサーサイト

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: ブログツール, テキストエディタ, 無料,
記事とテーマ |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2007年02月27日(火) 記事No.24
 有名ブロガーと有名人ブロガーの違いってなんでしょうか?

 有名ブロガー全員が実社会での有名人とは限りません。
 でも、芸能人やIT企業社長などの有名人がブログをはじめれば、大抵はたくさんアクセスを集めて有名ブロガーになると思います。

 最近は多くのグラビアアイドルやお笑い芸人などの芸能人がブログをはじめています。
 失礼ですが、中身を見るとそこらへんの大学生やOLのブログと大して変わりません。
 しかし、我々一般人が有名人ブロガーと同じような記事を書いてもアクセスを集めることはできません。
 これはなぜでしょう?

 それは、有名人の書く記事自体が、読者(大抵はその有名人のファンや芸能ジャーナリストですが)にとって情報価値が高いからです。
 ファンにとっては、その有名人の日常の素顔とか、仕事やイベントの予定とか、そういったことを知りたいと思うのは当然でしょう。
 でも、普通の大学生やOLの日常や仕事のことを是非とも知りたい!と思っている読者はどれくらいいるのでしょうか?

 ただ漫然と日常のことを書いていてもアクセスは集まらないことはおわかりいただけたと思います。

 ブログの記事のテーマというのはアクセスを集めるための非常に重要な要素です。
 そして、それは情報価値がどれだけあるか、ということに尽きます。

 次回の記事では具体的なテーマ選びに言及したいと思います。

ブログTOP

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: 有名ブロガー, 有名人ブロガー, 情報価値, 記事のテーマ, ブログテーマ,
記事とテーマ |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2007年02月28日(水) 記事No.25
 インターネットを利用する人の目的のほとんどは、情報収集です。
 何か知りたいことがあるからこそ、検索エンジンを利用してインターネットから情報を得ようと思っているわけです。

 だからアクセスアップを目指すには、記事の情報価値が高くなければいけません。
 そうでないナンセンスなブログでアクセスを集めるのは類まれな才能が必要です。

 つまり、普通の大学生の日常のブログとか、主婦の子育てブログとかは、普通見向きもされないということです。

 ところが、大学生のブログでも、大学街周辺の美味しい飲食店やデートに最適なおしゃれな店の情報がいっぱい掲載されていたらどうでしょうか?
 子育て日記のほうも、30分で簡単にできる離乳食のレシピがたくさん載っていたり、赤ちゃん連れでも楽しめるスポットの詳しい情報が載っていたらどうでしょうか?
 それならば少々事情が違ってくると思います。
 また単なる仕事日記や自叙伝でも、それが弁護士や医者や公務員など、特殊な職業のものであれば、それを目指している人にとっては十分情報価値のあるブログになるでしょう。

 飲み会とかの場で、貴方が一番皆の興味を引き付ける話題はなんでしょうか?
 これを話しているときに一番いきいきとしている、と言われる話題はありませんか?

 貴方が知っている知識の中で、皆が知りたいと思うことは必ずあるはずです。
 どんな情報を皆に提供できるか、それは本当に皆が知りたいと思っていることか、それをまず考えてみてください。

 そしてもう一つ、最も重要なことを次の記事で解説しようと思います。

ブログTOP

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: 記事のテーマ, ブログテーマ, 情報価値, 検索エンジン, アクセスアップ,
記事とテーマ |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2007年03月16日(金) 記事No.37
 ブログのアクセスアップに最も大切なもの。それは、とにかく記事の更新を続けることです。
 これには明確な理由が2つあります。

 第一に、Webの世界では量が質とみなされます。
 全く同じ記事であっても、そのブログの記事が10個のときより、100個のときの方が情報価値が高いと見なされ、検索エンジンでより上位に表示されるということです。

 第二に、一般的なホームページは、まずTOPページが入り口としてあり、各記事が以下のようにディレクトリ構造(階層構造)を形成しており、TOPページからカテゴリー別ページなどを通過して末端の記事に至ります。
 TOPから順番に読む事を意識して作られているため、記事単独で見た場合は内容が不完全だったり、意味が通じないこともあります。
通常のホームページの構造

 ブログの場合は以下のようになります。
ブログの構造

 ブログは1つ1つの記事が独立したコンテンツです。TOPページは単に新しい記事を幾つか表示しているに過ぎません。
 言い換えれば、ホームページは入り口がTOPページ1つであるのに対し、ブログには記事の数だけ入り口があるといえます。
 要するに、記事が100個のブログは、記事が10個のブログの10倍のアクセス数になる。理論上はそうなります。

 もちろん、本当に10倍にするためには適切な検索エンジン対策が必要ですが、その検索エンジン対策も皆が読みたいと思う記事をコツコツと積み重ねることで、初めて生きてきます。

 ブログのアクセスアップに一番大切なのはコツコツと記事更新を続けること。
 この何でもない当たり前のことが、一番難しいのです。
 そのためには、ネタ切れを起こしそうなテーマや自分が余り興味の無いテーマは避けることです。

ブログTOP

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: ブログ, 記事更新, アクセスアップ, 検索エンジン,
記事とテーマ |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2007年03月17日(土) 記事No.38
 しかし、365日毎日書き続けてもネタが尽きず、しかも皆が見たくなるような記事のテーマなんてあるんでしょうか?

 実は意外とたくさんあるんです。
 共通しているのは、ゼロから全てを作り出す創作系のものではなく、既にあるネタや情報をちょいちょいと加工する、というものです。
 
 無から何か価値あるものを作り上げるのは大変な作業です。
 ネタ切れを起こさず面白い小説を毎日書き続けるのには、類まれな才能が必要でしょう。
 日記や雑記なども、一見簡単そうに見えますが、実は小説と同じで意外と続けるのは大変です。しかも他人の興味を引く面白い内容にするのは困難です。
 
 逆に既にあるネタを探してきて、自分なりにアレンジするのは意外と簡単に出来るものです。
 各種ランキングで上位を占めているブログを幾つか見てください。
 必ず以下の4つのうちどれかに当てはまる(もしくはその混合)はずです。
1.ニュース系
 ニュースや時事ネタを中心に提供し、それに自分の寸評等を加えます。
 ブログの元祖の姿ですね。
 ソースとして引用される(リンクをはってもらう)ことを狙う場合は、掲載スピードと情報の新鮮さが命です。逆に腰を落ちつけて論評に力を入れ、社説的な内容にするという手法もあります。
 記事の書き方は、まずRSSリーダーで網をはり、その中から気に入ったネタを見つけるという方法です。
 変形では「今話題の○○行ってみました」「今話題の○○試してみました」という体験記的なものもあります。
 書くのは比較的楽ですし、検索エンジンに拾われたときの効果は絶大ですが、ネタが古くなるとすぐにアクセスが落ちてしまうので、次から次へと新しい情報を提供し続ける必要があります。
2.情報系
 様々なお役立ち情報を提供するブログです。
 ある分野の調査、分析、検証、またさらに突っ込んでノウハウやハウツーなどをテーマとします。
 分析が大変だという場合は、単なる収集やまとめでも効果があります。
 資格試験サイトや情報商材レビューサイトなどが該当します。この「有名ブロガーになろうよ!」もこれですね。
 どの分野を取り上げるとしても、ある程度の知識と経験が必要ですので、他の3つよりは書くのが大変ですが、一度書き上げてしまえば、末永くアクセスを集めることができます。
 また、関連したグッズや書籍、ツール、サービス等を紹介しやすいので、アフィリエイトに一番向いたテーマでもあります。
3.ネタ系
 ギャグや面白ネタを提供します。
 2ちゃんねるやYouTubeなど、ターゲットとするウェブサイトを常時チェックし、気に入ったものを転載します。ネタの選定にセンスが問われます。
 テーマ自体は、泣ける系、痛い系、電波系など、興味を引くものであればギャグでなくとも構いません。
 自分も楽しみながら出来るので、長続きしやすいのがメリットですが、著作権法違反などには十分留意する必要が有ります。
4.攻撃系
 攻撃、批判、煽り、アンチをテーマとします。
 攻撃の対象は様々で、企業、球団、職業、政治政党といった集団や、有名ブロガー、芸能人、アーチストといった個人、また世評全体も対象になりえます。
 「1.ニュース系」のアンチ版だったり、有名ブロガーの記事にトラックバックを飛ばして反論を試みたり、とスタイルは様々です。
 「攻撃」というと耳障りは悪いですが、アンチテーゼを投げかけること自体は悪いことではありません。隠れた問題点を浮き彫りにさせることもあります。議論から止揚にいたる場合もあるでしょう。
 もちろん、やり方が悪ければ単なる特定集団の差別サイトに成り下がる可能性があります。
 とにかくアクセスを集めやすいのですが、ブログ炎上や名誉毀損、人権問題による訴訟などの危険性も隣り合わせの、ハイリスクハイリターンのテーマです、
 2ちゃんねるなどにどっぷり浸かっている方は試されてみてはいかがでしょうか?(笑)

 あともう1つ、記事にするまでの準備が大変ですが、一度完成してしまえば最強!というテーマがあります。ただ、誰にでも出来るわけではないので、ここではあえて割愛しました。
 そのテーマが何であるかは、折を見て説明していきますね。

 さて、こうしたテーマを選んだとしても、先人と同じことをしていたのではアクセスが集まりません。貴方のブログにしかない、オリジナリティーを出していく必要があります。
 次回はそのことについて述べようと思います。

ブログTOP

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: ブログテーマ, 記事のテーマ, アクセスアップ, 検索エンジン,
記事とテーマ |  コメント(2) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。