• プラグイン タグの検索結果

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト:
スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2007年03月15日(木) 記事No.36
 FC2ブログをやっている人の大半はプロフィール欄に画像を載せていますが、1枚だけでは寂しいですよね。

 そこで、このプラグインは管理人のプロフィール画像にマウスをあてると別の画像を表示できるようにしました。
 現在共有プラグインに申請中ですが、首尾よく認可されればダウンロードできるようになるはずです。

 F.BのものはGIFアニメを2つ使っていますが、アイディア次第でいろいろ面白いことができそうです。

 また画像をクリックすると、特定のURLにリンクするようにもしました。
 ブログ紹介、ブログポリシーなどのエントリーにリンクさせることを想定していますが、サブブログやmixiプロフィールページなどにリンクさせてもいいですし、ここにjavascriptを仕込むなど、使い道はたくさんありそうですね。

 設定方法は、「画像URLは?」の質問に、マウスをあてたときに表示する画像のURLを"http//:"から全部入力し、「リンクするURLは?」の質問に、クリックしたときにリンクする先のURLを"http//:"から全部入力します。

 もしダウンロード後に設定を変える場合は、
 ブログ管理画面 → プラグインの設定 → プラグインの編集 → (画像が変わるプロフィールの)HTMLの変更、から以下の画面を表示し、修正してください。

クリックで拡大

 上の画像だけでやり方が分からない人はこの記事にコメントください。

ブログTOP
スポンサーサイト

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: プロフィール, 画像, ブログ紹介, javascript, プラグイン,
オリジナルパーツ |  コメント(10) |  記事を編集 | 

2007年03月31日(土) 記事No.53
 著作権に関する事項は必ずしもブログポリシーに含めなくとも構いません。
 ブログ内コンテンツの著作権の所在については、法律で明確に決まっていますので、あえて繰り返して言うまでもないということですが、

 とはいえ、貴方に著作権のあるコンテンツの利用については、余計な揉め事を避ける意味からも、述べておいて損はありません。
 とりわけ、貴方が小説、イラスト、写真、ブログ素材等、創作性が高いコンテンツをブログで提供している場合はなおさらです。
 
 「ブログ内の記事や素材の無断利用を禁じます。利用されたい方はメールフォームよりご連絡ください」
 「記事の転載や引用は自由です。ただし管理人は著作権を放棄したわけではありませんので、営利目的での利用はご遠慮ください。」

 などが著作権に関するポリシーの例です。

 言うまでもないことですが、貴方が作っていないものに対して著作権を主張することはできません。
 ブログの各コンテンツの著作権の所在については以下のようになります。

○ブログテンプレート(スキン) 
 html、cssともに完全自作の場合は貴方。
 公式テンプレートを利用、あるいはカスタマイズして利用している場合は、ブログサービス提供者。
 ユーザー共有テンプレートを利用、あるいはカスタマイズして利用している場合は、テンプレートの作者。

○プラグイン(ブログパーツ) 
 html、css、javascript、flash等について、全て完全自作の場合は貴方。
 公式プラグインを利用、あるいはカスタマイズして利用している場合は、ブログサービス提供者。
 ユーザー共有プラグインを利用、あるいはカスタマイズして利用している場合は、プラグインの作者。

○記事 
 原則、貴方。
 ただし、他に著作権があるものを引用している部分についてはこの限りではありません。
 また利用規約等で、ブログサービス提供者に対し、ある程度の利用権利を許諾しているのが普通です。

 著作権の詳細について、「法律のこと」のカテゴリーで述べることにします。

ブログTOP

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: ブログポリシー, 著作権, テンプレート, プラグイン, 記事,
ポリシーとマナー |  コメント(0) |  記事を編集 | 

2007年04月13日(金) 記事No.67
 余りこんなことは書きたくないのですが、FC2ブログを利用されている皆さんに被害が及ぶ可能性があるので、あえて筆を取ることにしました。

 実は、プラグイン配布で、かなりえげつないことをしている人がいます。

 キャラクターの可愛らしいプラグインを定期的にUPされている方ですが、
 noscriptタグを用いて、巧妙に隠しリンクを仕込んでいます。
 素人では恐らく気づかないでしょう。
 そしてリンク先はパーツを配布しているサイトとは全く異なるサイトです。
 ブログパーツとは全く関係無さそうなサイトで、ご丁寧にプラグインごとにリンク先が異なります。

 件のプラグインは、ブラウザのjavascript機能をOFFにしないと(通常OFFにする人はほとんどいません)問題のリンクを見ることが出来ませんから、
 ほとんどの人がこの隠しリンクの存在を知らない状態で利用していると思われます。

 F.Bも、皆さんに提供するテンプレートやプラグインには、「有名ブロガーになろうよ!」へのリンクを入れていますが、
 当然リンクはあることは分かるようにしています。そのうえで、お使いいただくかどうかを選択していただき、またリンクを削除することを禁止してはいません。
 
 リンクをはるということは、自サイトのポイントを相手に分け与えるということです。
 だから、ブログ素材の提供元へのリンクは、テンプレートやパーツが役に立ったことに対するいわば「報酬」です。
 隠れて報酬を盗むことは道義的に問題があるとF.Bは考えます。

 なにより、こうした隠しリンクは閲覧者や検索エンジンを騙して被リンクを増やすスパム行為であり、場合によっては各種検索エンジンから多大なペナルティを受ける可能性があります。
 最悪、自分のブログが全く検索エンジンで出てこなくなることもありえるわけです。

 こうしたペナルティを受けるリスクを承知で、自分の意思でそれを行うのならまだしも、
 SEOやHTMLのことをほとんど分からない方(恐らくそういう方が大多数だと思いますが)に無意識のうちにスパム行為をさせるというのが、このプラグインのもっとも大きな問題です。

 このパーツですが、利用規約を設けていて「リンクを修正するな」とあります。
 下世話な言い方をすれば「パーツを使いたかったらスパムを黙認せよ」ということになるでしょう。
 とはいえ利用規約は別サイトにあり、しかもURLの掲載だけでリンクがありませんから、それを読みにいく人はほんとんどいないでしょうし、その文章から事の本質を察知できる人はまずいないでしょう。

 この記事を読んで心配になった方は、一度以下↓の方法でjavascriptをOFFにし、ご自身のブログを眺めてみることをお奨めします。

○ javascriptをOFFにする方法
 JavaScriptのON/OFF(PoriPoriWorld)

○ noscriptを利用したバックリンクスパムの参考リンク
 SEO対策を勉強しているんですが…(人力検索はてな)
 バックリンクスパム
 Su-JineSEO対策意見交換掲示板の過去ログ

 上記の各ページで取り上げられているバックリンクスパムの手口は、問題のプラグインと全く同じです。


ブログTOP

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: バックリンクスパム, noscript, プラグイン,
その他 |  コメント(3) |  記事を編集 | 

2007年04月21日(土) 記事No.74
 えーと、わざわざ説明エントリーを立ち上げるまでも無いプラグインなんですが、
 意外と人気なのと、「キター」でブログ内検索をされた方がいたので、ちょっと書いてみることにしました。(無くてゴメンね)

 むしろ真面目(ってほどでもないけど)に作ったスパムチェッカーとかの方がDL数が少なくて複雑な気分。(;´ω`)

 で、件のプラグインですが、
 これです↓

キター



 押すといろいろ面白いことが起こるかもしれません。用途はそれだけです。

【変換確認用サンプル文】 
奴がきた。北から来たんだけど、来て欲しいときに限ってこないのに、こういうときだけきてくれるのは、


 記事中に限らず、サイドバーや、通常表示されないHTML文の要素の中まで変換してしまうので、お使いの環境によってはレイアウトやリンク文等が崩れるかもしれません。
 まあ、所詮お遊びなのでそこらへんのケアは無しです。
 「F5」キーでリロードすると元に戻ります。

 プラグイン「キター!」は、ブログ管理画面 → プラグインの設定 → プラグインの追加(共有)の画面で、「キター!」で検索すれば見つかります。
 ※1か所ソースに些細な誤りが見つかりましたので、現在再登録承認申請中です。多分再DLは必要ありません。

 で、これだけでは芸がないので、もう1つ作ってみました。

ツンデレに変換するから覚悟しなさいっ!



【変換確認用サンプル文】 
 この文章は例文です。
 ただし、中身はありません。説明もできません。といいわけする。絶対やらない。


 ハマれば、面白いと思うんですが、各ブロガーさんの文体によりけりでなかなか難しいです。
 汎用性を高めようとすると文法が狂うこともあるし、日本語って難しいですねぇ。

 ツンデレの方は、とりあえず試作品ということで…
 ご意見があれば募集です。変換例とかのアイディアもコメントに残していただければ幸いです。

 いいわね、好評なら共有登録するかもしれないから、欲しかったらコメント残していきなさいよっ!
 べ、べ、別に貴方のために作っているわけじゃないんだからね!勘違いしないでよ!

 あー疲れる(;´ω`)

ブログTOP

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: お遊び, javascript, プラグイン, FC2共有プラグイン, ツンデレ,
オリジナルパーツ |  コメント(2) |  記事を編集 | 

2007年04月22日(日) 記事No.75
 FC2のフォーラムで、共有スレッドテーマの重複問題やユーザビリティに関する要望が見られたので、ちょっと作ってみました。
 このプラグインは、現在表示されている記事の中で共有スレッドテーマに投稿されているものがあれば、そのテーマ名とそのジャンル名を表示し、テーマ名のリンクをクリックすると、同じテーマのスレッドに記事を投稿することができるというものです。
 100位から落ちても大丈夫!バッチリ投稿できます。

 皆さんが普段投稿されるお目当てのテーマのスレッドというのは、ある程度固定化していると思います。

 しかし、それを毎回、ジャンルを指定して100件の中から目当てのテーマを探すのは大変ですよね。
 しかも、目当てのテーマが100位以下に落ちていたら、ジャンル別のコミュニティページに移動して、さらに200件表示するの画面に移動して、その中から探さなければいけません。
 ものすごく不便です

 登録数が多いジャンルのコミュニティだと、1日で100位以下に転落なんてことは珍しくありませんから、こうした不便を強いられている人はたくさんいるんじゃあないでしょうか?
 不便だから、ついつい新規の重複スレッドを立てたり、テーマ違いと分かっていても普段投稿しているスレッドに投稿したり、…といったことが起こるのだと思います。
 また、そもそも「100位以下に落ちても投稿できる」ことを知らなくて、重複乱立してしまっている方もきっといますよね。

 このプラグインがあれば、一度投稿したことがあるテーマには比較的簡単に投稿できるようになりますし、
 結果としてスレッドの乱立重複やスレッド違いのテーマの投稿も減らせるのではないかと思います。

 ちなみに、共有スレッドテーマは文字通りFC2内で共有ですので、管理画面のログオンさえできていれば、他の方のブログのプラグインからでも投稿できます(笑)
 注意点としてテーマが100位以下の場合、プレビュー画面を1回表示するとテーマが欠落してしまうので、あらかじめテキストエディタなどで記事を下書きをしておくことを推奨します。

 プラグイン「このテーマで投稿する」は、現在共有プラグインに登録申請中ですので、首尾よく認可されれば、GW前あたりにはダウンロードできるようになるはずです。
 登録された後は、ブログ管理画面 → プラグインの設定 → プラグインの追加(共有)の画面で、「このテーマで投稿する」で検索すれば見つかります。

ブログTOP

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

タグリスト: ユーティリティ, javascript, プラグイン, FC2共有プラグイン, 共有スレッドテーマ,
オリジナルパーツ |  コメント(0) |  記事を編集 | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。